トップへ > 実際に
取引をスタートしたら!
> FXの税金の確定吹渚垂フ具体的なやり方は?必要なもの、経費については?徹底解説!!

FXの税金の確定吹渚垂フ具体的なやり方は?必要なもの、経費については?徹底解説!!


FXの税金から確定吹渚垂ナの具体的な流れと概要を説明しましょう。
FXは利益を出すことが目的なのは当然ですが、利益が出てくれば当然税金が発生するようになります。



FXは性質上大きなお金が動くわけですから、確定吹渚垂オなければ最悪脱税として摘発されるということもあるのです。


数年前まではFXというものは影が薄いものがありましたが、ここ数年で利用者が激増、取引環境も広まったということで税務署は、FXの存在を知らないわけがありません。


FXでは税金の吹渚垂オなくても良いのではないかという人、そのままでいいじゃないかと放置した人が、脱税で摘発されるというニュースを見たことある人は多いのではないでしょうか。


以前までは税務署の中でもFXの存在を知らない人も多く、なかなか調べきることも出来ませんでしたが、現在に至っては抜け目ありません。適当に事を片付けてしまうと税務署は徴税しようと手を尽くし、最悪の場合には摘発というところまで至ってしまいます。


納税は国民の義務であるため、日本に住まう以上約束は守らなければなりません。もしFXで儲けても摘発されてしまえば、何のために資金を運用していたのかわかりません。追徴金を取られるというケースも存在します。ここまででFXにおいても納税は大事であるということを理解していただけたものと思います。


確定吹渚垂フ提出期限は2010年の場合だと2月の16日から3月の15日の間です。確定吹渚垂ニいっても書類に所定のものを書き入れるだけで処理自体は済むのでそれほど難しいことではありません。


慣れている人は一日もあれば済む話ですが、初めての場合だと何日掛かったりするか
わからないのでゆとりを持って挑戦しましょう。消印が有効なので当日の消印が押してあれば大丈夫ということもおぼえておくと良いでしょう。


簡単に用意するものを挙げると、源泉徴収普潤AFXの取引履歴からわかる損益報告書、経費などが読める領収書、明細書です。また業者によって損失を繰り返す場合には、吹渚随装t普盾ニいうものが必要になります。ただこれだけで納税自体は大丈夫なのですが、せっかくの利益を丸々飲まれるのは気持ちの良いものではありません。


しかし税金対策なるものがあるならばあなたはどうしますか。
実はあるのです。ここで税金対策を読んでいきましょう。


まずFXでの経費というものは、確定吹渚垂oする際に自己吹渚垂ナするものになります。なので逆に言えば自己吹渚垂ナコレが経費であると証明できるものがあればそれを経費として計上できるのです。
もし証明できるものが手元になくても、追徴課税(修正吹渚)を行えば、経費として計上できることもあります。


FXの経費というものは大体、入出金に関する手数料、消耗品、通信諸費、交通費、モニタなどの購入費用、開業費用や光熱費の一部などになります。
FXの仕事に近いものであれば書籍店のFX情報誌や経済新聞なども経費として認められる場合もあります。税務調査員が来た時にそれらの証拠となる領収書などを、提出出来ればそれらを経費として計上できます。


日を重ねれば当然整理すべき情報はかさんでいきます。
それを整理する、清算する、見直すという意味では確定吹渚垂煦ォいものではなく思えます。根拠さえ示して、後ろめたいことがなければ税務署はしっかり納得してくれるはずです。


職などによっては確定吹渚垂・まえたうえでFX業者を選ぶという動きもあります。
当然、業者にサポートで電話をすれば対応してくれることでしょう。
FXは人気が出たばかりでなかなかビギナーにはわからないことが多く、とくに納税に関してはその重要性を認識していないということがありますが、これは非常に怖いことです。


知らなかったでは済まされず、無知は罪であっけなく摘発されます。この重要性、改めて認識しなおしましょう。もしFXを長い間やっていて確定吹渚垂燻闢驍黷トいるのならば、その処理について掘り下げてよりよい資産運用を考えてみましょう。


外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ