トップへ > 始める前に
知っておきたいこと
> FXの資金は大体いくらから??

FXの資金は大体いくらから??

FXの魅力は何といっても「少ない資金から効率よくお金を増やすことが出来る」ということだと思います。

そこで、「最初の資金はいくら必要?」ということが疑問になると思うのですが、結論から言うと、3万円から5万円程度、という答えになります。というのも、初心者の方には絶対的に、「少資金からのトレード」をお勧めしたいからです!

今からその理由と、少資金から始めることの出来るお勧めの業者をご紹介していきたいと思います。


少資金からのトレードのすすめ

FXを始めようとする方は、もちろん「お金を稼ぎたい!」と思われている方がほとんどだと思います。


しかし、初心者の方は「早く、大きく稼ぎたい!」と思うあまり、最初から大きな資金で取引をしてしまがちです。そしてその結果、自分でも知らず知らずのうちに、最も危険なトレードをしてしまいやすいのです。

最初に知って頂きたいことは、為替市場というのは、誰も予期せぬ災害やテロなどで、急激な変動がおきる可能性があります。そのため、大きな資金で取引をしていると、自分の資金を全て失ってしまう事にもなりかねません。


例えば、ドル・円が1円不利な方向(自分の取っているポジションとは反対方向)に動くと、1000通貨で取引をしている場合、1000円の損失ですみます


しかし、1万通貨で取引をしていると、1万円の損失となり、10万通貨だと10万円、100万通貨だと100万円の損失となるのです


そして、もし2円不利な方向に動いたらその倍、10万通貨だと20万円、100万通貨だと200万円が一気に吹き飛んでしまうのです。


なので、最初、口座を開いたあとは、まずデモトレードで慣れる、その後自分の資金を入れて1000通貨から取引してみることをお勧めします


そして、トレードにも慣れ、自分のトレードに自信がついたとき始めて、1万通貨、10万通貨と、取引額を増やしていけばよいと思います。


とはいえ、FXはきちんと損切り(損失を限定する)をして、適切な通貨量で取引すれば、とても効率よく資金を増やすことの出来る仕事です。


儲けることより、大きく損をしないこと


これが、とても大切なことです。


損を大きくしなければ、トレードを続けることができます
何といっても悲しいことは、大きい金額で取引をした結果、自分の大切な資金をすべて失い、FXを続けられなくなることです


あなたのトレードが末永く成功し続けることができますように、心から願っています。


小資金から始めることのできるFX業者


1) 外貨どっとコム
外貨どっとコムの優れた点はやはり、「業界一の口座開設数と預かり金を誇る会社」ということです。なんと言っても安心感が違います。


また、取引ツールや情報も豊富なので、とりあえず口座開設をして、マーケット情報を得ている人も多いです。ちなみに私も5年前、一番最初にここに口座開設をしました。
携帯メールに情報が届くように出来るので、いつでも有益なマーケット情報を得ることができます。


反対に残念な点は、スプレッドが他社より広いことです。


スプレッドを簡単に説明すると、よくニュースで、「今日の為替相場は、76円70銭から75銭で取引されてます」というのを耳にされると思います。つまり、「今1ドルを買うと、76円70銭で買えますよ。そして、それを売れば、76円75銭で売れますよ。」という意味です。


この売値と買値の差をスプレッドといいます
つまり、76円70銭で買った1ドルを、すぐに売ろうとすると5銭の損となるということです。自分の利益になるには買ったあと、せめて5銭以上、価格が上がってくれることが必要なのです。


なので、FX取引を続けていくからにはもちろん、スプレッドが狭いほど有利になるわけです。個人的な意見としては、このスプレッドさえもう少し狭ければメインにしたいと思える業者です。


⇒ 外為どっとコムのキャンペーンをチェック・口座開設はコチラ
⇒ 外為どっとコムのさらに詳しい口コミ・情報はこちら


2) マネーパートナーズ
マネーパートナーズの優れている点は、「約定率の高さ」です。
指標発普庶桙ネど、値動きが激しいときはポジションを取ろうと思っても約定(売買取引が成立すること)しにくいことがあります。


しかしそんな時でも、この会社はサーバーが強いため、約定に関してはトレーダーの間でも定評があります。約定率については、提示されたレートで約定される確率が99.7%という高い数字となっています。


また、なんと言っても嬉しいのはFX業界初、100通貨単位の取引が出来るようになったことです。私がFXを始めたころは、1000通貨単位で取引できる業者もほとんどありませんでした。100通貨単位なら初心者の方も安心してFXに取り組むことが出来ますね。


しかし残念な点は、取引画面があまりにも多機能キぎて逆に使いこなせない、という意見があります。


マネーパートナーズは知名度も高く、どこのサイトでも高い評価をされています。しかし、実際に取引をしてみて、自分が使いやすい機能ナあることが大切だと思います。


⇒ マネーパートナーズの最新キャンペーンを今すぐチェック
⇒ マネーパートナーズのさらに詳しい口コミ・情報はこちら


3) ヒロセ通商  LION FX
ヒロセ通商の優れた点はなんといっても「スプレッドの狭さ」です。
ドル・円で0.5〜0.7銭なんて、本当に驚いてしまいます。


しかも、ポンド・円に関しては外貨どっとコムだと4〜6銭のスプレッドですが、ここの業者は1.8〜2.2銭という狭さです。
私のように、日に何度もトレードを繰り返すデイトレーダーにとってはかなり有利になります。
  

また、ここの業者は色々おもしろいキャンペーンや食品のプレゼントなどが頻繁にあり、密かに人気があるようです。しかし残念な点は、指標発普庶桙ネど価格が大きく動く場合、スプレッドが安定せず予想外に大きく開くこともあるようです。


指標時ねらいのトレードをしておられる方も多いので、この状態だと安心してトレードできないことになってしまいます。


以上、3つのFX業者をご紹介しましたが、このようにそれぞれの業者によって特色があります。なので、まず口座開設をして、どの業者が自分の性格やトレードスタイルに合っているかをきちんと確かめることが大切です。
 

また、ご紹介した3社はもちろん、「信託保全」でしっかりと資産管理がされています


信託保全とは、顧客の資金を、信託銀行など第3者に管理を委託して保全することです。
こうすることにより、万が一、自分が取引に使っているFX業者が破綻しても資産は守られるという訳です。


いくら少資金からはじめるといっても、信託保全を行っていない会社で取引するのは危険です。初心者の方は特に、自分の大切な資金をきちんとした形で管理してくれる会社かどうかを必ず確認して下さい。


そして、少資金で1000通貨から始めるにあたり、もちろん1万円の入金からでも始めることは可能す。しかし、連敗することも頭に入れ、余裕をもって3万円〜5万円はあったほうがよいと思います。


心に余裕がないトレードは、ほとんどと言ってよいほど負けトレードとなります。「ココロに余裕があるよいトレード」を、お互い心がけていきましょう! 

具体的事例

私はFXを始めて約5年経ちます。その間にたくさんの失敗をしてきました。ここではその失敗例を挙げて、勝ち続けるためには何が必要かを考えていきたいと思います。


以下は、私が実際に経験した失敗例の一部です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
負けたときに、その負け分を何とか取り戻そうとして、取引額をどんどん大きくしてしまい、気がつくとかなりの損失となっていた
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
損切りの大切さは頭では判っていたが、「もう少し我慢すれば利益に転じるかも」と自分勝手に判断してしまい、結果、大きな負けで損切りすることになった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自分の持ったポジションと反対方向に相場が動くと、「負けるのでは」と過度の恐怖を感じ、すぐに損切りしてしまい、いわゆる「損切り貧乏」になっていた
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
トレード前に、きちんとした自分の戦略を立てず、単なる「値動き」にとびついてしまい、結果、大きな損失になっていた
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
有名な評論家が、「今日は円高方向に動く」などのコメントを真に受けて、自分でよく考えずにポジションをもち、結果、反対方向に動いて負けてしまった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
利益が出ている時に、「もう少し待てば、まだ利益が大きくなるかも」と欲を出してしまい、適切なところで利益確定が出来ず、結果負けに転じてしまった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ポジションを持たないと何となく不安になり、チャンスでもないときに無理やりポジションを持って負けてしまった。(いわゆる、ポジポジ病です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「FXは勉強しなくても勝てる」と、勝手に思っていた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


私自身、このような失敗を繰り返すたび、「何故、失敗するのか」をとことん考えるようになりました。その結果、今私がトレードで大切だと思うことが、大きく分けて3つあります。


1)日々勉強を怠らず、トレードを行う前には
  必ず自分で細かく戦略を立てておく。

2)損切りは、適切なところできちんと、淡々と行う。
  また、取引額は自分の資金量を考えた上で決め、
  オーバートレードにならないようにする。

3)トレード中は常に冷静でいられるよう、
  普段から穏やかな心を養う。


逆に言うと、この3つが出来るようになったときに私自身も大きく負けることがなくなりました。結果、成功トレードが増え、少しずつでも利益が残っていくようになったのです。

 
このように失敗は「今、自分に何が必要か」を教えてくれます。
是非、皆さんも失敗を恐れず、「何故、失敗したのか」を自分自身にしっかりと問いかけながら、成功への道のりを歩んでいただきたいと願っています。 


目標別投資額の目安

FXを始めた理由は人それぞれ違うと思います。
月にあと数万円収入がほしい方、あるいはFXを仕事として独立するのが目標の方であれば、月30万以上は稼ぎたいと思います。


それでは、最初に投資する金額はいくらくらい必要なのでしょうか。
例を挙げて考えて見ます。


例えば、あと月二万円あれば家計が助かると思っているAさん。


自分のFXのスキルから考えて、一日に10銭は利益が出せると思っています。とすれば、20日間で2円の利益となります。2円の為替差益で2万円を稼ごうと思えば、1万通貨での取引が必要です。


現在はレバレッジが最高25倍なので、少なくとも5万円、余裕を持って10万円くらいの資金が必要ですね。


一方、独立が目標のBさん。月に、今の月給以上の40万円は稼ぎたいと思っています。


FXにも自信がついてきて、自分は一日に少なくとも20銭は稼げると思っています。とすれば、20日間で4円の利益となります。4円の為替差益で40万円稼ごうと思えば、10万通貨での取引が必要です。


資金は余裕を持って100万円くらい(Aさんの10倍)を用意する必要があることがわかります。


このように、まず自分の達成したい目標をきちんと決めることが大切です。それから、今の自分のトレードレベルや、今の収入から出せる余裕資金額などを考えた上で投資額を決めていけばよいと思います。


もちろん、トレードのスキルアップのための日々の検証や勉強もお忘れなく!



外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ