トップへ > 始める前に
知っておきたいこと
> 自己資本規制比率はどれくらいがいいのでしょうか?

自己資本規制比率はどれくらいがいいのでしょうか?




自己資本規制比率とは、その会社の健全性を測る上で重要です。
算出方法は、証券会社の自己資本金額から固定的な資産を控除した


「固定されていない自己資本の額(資本金、固定資産等)」を
「リスク相当額(保有する有価証券の価格変動等)」で割れば算出出来ます。


もし120%を下回れば業務改善命令、
100%を下回ると業務停止命令
が発動されます。
一般的には200%以上であれば健全とされていますが、


高ければ高いほど、健全性は高いと言えます。
大切な資産を預ける上でも、必ずチェックして下さいね。


外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ