トップへ > まずはここから!
FXの基礎!
> 強制ロスカットって何ですか?

強制ロスカットって何ですか?

強制ロスカットは自動的にポジションを決済する仕組みです。
(ポジションを決済する...利益や損失を確定させる)
FXのように証拠金を預けてレバレッジを掛けた取引を行うと、相場に急激な変動があった場合、予想以上に大きな損失をこうむる場合があります。

そのため、一定割合以上の損失が発生した場合、トレーダーの意志とは無関係に強制的に決済(損失を確定)して、損失を証拠金内におさめるシステムが存在しているのです。


それが、強制ロスカットです。
このシステムがいかに重要かは、以下例を挙げて説明します。


例えば、現在10万円の証拠金を預けて100万円の金融商品を保有しているとします。仮に、その金融商品が100万円⇒97万円に値下がりした場合、FX業者は証拠金として、預けてある10万円の中から3万円を損失として回収します。
(FXは差金決済ですので、発生した損益の差額分によって証拠金が増減します。)


この場合、損失が10万円以内であれば証拠金の範囲内でおさまります。よって、金融商品が値下がりしても、90万円までなら問題ないということです。
(もちろん、損失は発生していますが...)


しかし、90万円以下になると問題が発生します。
証拠金は10万円しかないので、全ての証拠金を回収してもまかなえません。
証拠金=損失を補填するお金=支払い煤女ヘと言い換えても良いでしょう。)


証拠金が10万円ある=損失が10万円以内であれば補填できるということなので、損失がそれ以上になると口座がマイナスになってしまいます。


こうなってしまった場合、FX業者はトレーダーに対して、不足している証拠金を追加で請求しなければなりませんが、そうすると...


FX業者側  ⇒ 不足している証拠金をトレーダーから回収できない可能性が生じる(損失が出る可能性が生じる)
トレーダー側 ⇒ 証拠金が全て無くなった上に、追加で入金を迫られる


...と、どちらの側にとっても好ましくない事態になります。


強制ロスカットは、このような事態にならないように存在しているシステムです。トレーダーの口座の損失の状態は常にシステムによって監視されていて、一定割合以上の損失が確認された場合には、自動的に決済して損失を確定させます。


例えば、上記の例でロスカットのレベルが30%に設定されていたとします。その中で、金融商品の価値が100万円⇒93万円まで下がると、-7万円の含み損が発生します。


証拠金は10万円ですので、含み損の-7万円を差し引くと有効な証拠金は3万円となり、強制ロスカットのレベルの30%まで達しています。この状態になると、有無を言わさず決済して損失を確定させるのです。


これによってトレーダーの口座がマイナスになる可能性は大幅に減少します。この例を見ても、10万円の証拠金のうち7万円は無くなってしまいましたが、強制ロスカットのおかげで3万円は残っている事が分かると思います。


もしも強制ロスカットがなかったら、証拠金の10万円をすべて失う上に、不足している金額を請求される可能性があります。


また、強制ロスカットの効果で証拠金の範囲内で損失が確定するので、FX業者が追加で不足分の証拠金を要求する事はなくなります。強制ロスカットは、FX業者・トレーダーの双方にとって重大な役割を担っているのです。


マージンコールって何ですか?


マージンコールとは、強制ロスカットが発生する危険性が高くなった場合に、FX業者から掛かってくる警告の連絡のことです。取り引きしている金融商品の評価損失が拡大して強制ロスカットのレベルに達すると、先ほど説明した通り強制ロスカットが発生します。


ただし、強制ロスカットはいきなり発生するのではなく、その一歩前に警告としてマージンコールの連絡がきます。


強制ロスカットのレベルが30%であれば、マージンコールのレベルはその一歩前の50%ほどに設定されています。そのレベルになると電話やメールで、FX業者から証拠金が不足する可能性がありますという連絡が来るのです。


マージンコールが来たからといって、強制ロスカットのように何か起こるわけではありませんが、損失がかなり危険なレベルにまで拡大しているということですので、証拠金を追加するか、潔くポジションを決済するか、そのどちらかを選んだ方が賢明です。


強制ロスカットがあれば安心?


強制ロスカットは、損失を証拠金の範囲内で確定させるために自動的に決済する仕組みであるということは前述した通りです。よって、このシステムが作動している限り基本的には安心しても良いでしょう。しかし、100%安心か、と言われればそうではありません。


繰り返しになりますが、トレーダーの口座の損失状況は常にシステムによって監視されています。監視は30秒/回 程度のペースで行われていますが、逆に言えば、これ以上は確認していないという事でもあります。


FXは24時間取引可能、さらに為替レートは世界各国のニュースに敏感に反応します。アメリカやヨーロッパの情勢に反応して、急激に動く事も珍しくはありません。


為替レートに影響を与える要因として経済指標の発表ェあります。経済指標とは、それぞれの国の失業率やGDPなどの経済状況をまとめた数値です。その指標の結果が発表ウれる時刻はおおよそ決まっています。例えば、アメリカの失業率の発表ヘ毎月第一金曜日とされています。


その指標の結果によっては、為替レートが10秒間で±1円変動しても不思議ではありません。そのような場合には、システムによる対応が間に合わず、強制ロスカットが遅れてしまう可能性もあります。


どうすれば安心なのか?


証拠金に余力を持たせた状態で取引をするという事が重要です。強制ロスカットは、一定割合以上の損失が発生すると強制的に決済するルールです。


そのため、有効証拠金を増やせば強制ロスカットには掛かる可能性は少なくなります。マージンコールという警告もあるので、それらも有効活用しましょう。


また、強制ロスカットに頼らない事が大事です。
FXでは自分で損失確定の注文を出す事ができるので、損切りの水準を決めたら、すぐにその注文を出しておきましょう。強制ロスカットは、何か予想外の事が起こった時に守ってくれる最後の手段と考えた方が無難です。


他にも、FX業者の独自の強制ロスカットのルールを確認しておくことも重要です。強制ロスカットのレベルは、多くのFX業者で30%前後に設定されています。


しかし、より厳密な細かいルールを採用しているところや、自分でレベルを設定できるところもあります。初めて取引を行うFX業者であれば、事前に確認しておきましょう。


デモトレードの活用


FX業者は、仮想マネーを使用して実際に取引を行えるデモトレードというものを用意しています。デモトレードでは、使用する資金こそ仮想のものとなっていますが、システムや注文方法、為替レートなどは現実のそれと全く同じものです。


まずはこれを使用して、証拠金取引を一度体験する事を推奨します。
強制ロスカットの仕組みがわかってきたら、デモトレードの口座で強制ロスカットを実際に発動させて見るのも有効です。どうすれば強制ロスカットになってしまうのかを自分で体験すれば、より理解が深まります。


全くの素人だけでなく、株式取引などの投資経験があったとしても同様です。全ての投資に対して言える事ですが、自分が今まで経験してきた投資と、これから始めて手を出す投資は似て非なる物です。


良くわからないけどとりあえずやってみよう、という事だけは絶対に避けましょう。



外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ