トップへ > まずはここから!
FXの基礎!
> FX市場の時間について教えてください〜サマータイムって??〜

FX市場の時間について教えてください〜サマータイムって??〜

サマータイム制度とは主に欧米諸国などで導入されている制度の事で、日照時間が長い夏場は時間を1時間程度早める事で太陽が出ている明るい時間帯を有効活用する事を目的としています。

他にも夏時間やデイライト・セービング・タイムとも言われる事があります。(一般的にはサマータイムと言われておりますので、本記事中でもサマータイムで表記を統一します。)


日本では本格的な導入はされていませんが、北海道や滋賀などの一部の地域で実験的に導入されたりしているので、ニュース・新聞等で聞いた事がある方も多いかと思います。


日本では導入されていない制度なのでなじみの薄い方も多いと思われますが、このサマータイム制度はFX取引にいくつかの影響を与えます。
サマータイム制度が与える具体的な影響については下記に記載した通りです。


取引時間が変わる


日本では導入されていませんが、サマータイム制度が導入されているニューヨークの為替取引市場ではサマータイム時、市場が閉まる時間が通常より早くなります。こうした市場の影響を受けるため、平時とは取引時間が異なってきますので注意が必要です。


具体的には、米国ニューヨークのサマータイムの期間が3月第2日曜日〜11月第1日曜日 となっているので、この期間中は金曜日の市場が閉まるタイミングが1時間早くなります。


そのため、日付変更線の最後の取引所であるニューヨークの市場終了時間に合わせて、FXの取引時間も上記のサマータイム時には1時間早くなります。


つまり、いつも取引している時間に取引が行えないという、FXプレイヤーにとっては致命的ともいえる事態が起こる可能性があるので、このサマータイム制度は「知らなかった」ではすまないのです。


指数発表などの時間も変わる


また、市場の取引時間に限らず、あらゆる時間が早まっているため、経済指標や統計データの発表などの時間も早まります。


こうしたイベント時には大きく為替が動くこともあり、取引がさかんに行われるタイミングですので、サマータイムの事を忘れて波に乗り遅れないように注意したいものです。


指数の発表を待って取引される方や自動取引システムを発表時間に合わせて行っている方は特に注意が必要となりますので、事前に確認を行いましょう。また、米国については前述した通りですが、米国以外の国については期間などが異なってきますので、こちらも注意が必要です。


以下に主要な国のサマータイムの期間を例として記載しますので、参考にして下さい。
一部の国や地域によっては異なる場合もあるので、ご自分で必要とされる国・地域については事前にご自分で確認をとっておく事をおすすめします。


◆ヨーロッパ(一部の国を除く)
 3月最終日曜日午前1時〜10月最終日曜日午前1時

◆オーストラリア
 10月第一日曜日午前2時〜翌年4月第一日曜日午前3時
 (地域によって実施の有無など異なります)

◆ニュージーランド 
 9月最終日曜日午前2時〜翌年4月第1日曜日午前3時
 (地域によって実施の有無が異なります)


そのほかの影響


市場の時間や経済ニュースの発表といった取引に直に関わる部分意外にも影響が出る場合があります。
それはサポートデスクの受付時間やシステムのメンテナンス時間も変わる場合があるという事です。


困った時に力になるサポートをサマータイム時にその恩恵が受けられなかったり、システムのメンテナンス時間の変更により、システムにログインできなかったという事がないよう、こうした情報も事前にチェックしておきたいポイントです。


取引時間や指数発表などと違い、システムのメンテナンスや電話の受付時間は国内のことなので、何となくサマータイムとは関係ないと思ってしまいがちですが通常と変わる事があるので注意しておくに越したことはないでしょう。


サマータイムに影響が出るFX会社の実際の例


サマータイムの一般的な影響は上記に記載したとおりですが、実際の例として以下に実際のFX会社の影響がどういったものになるか、外為ドットコムの場合のサマータイムについての変更点を記載しました。


日本では浸透していない制度なので、意外な落とし穴になる可能性もあるサマータイム、ぜひ注目しておきたい点の一つです。


《外為ドットコムの取引時間例》

◆冬時間(米国標準時間)11月第1日曜日〜3月第2日曜日

 取引時間:平日午前7:00〜翌日午前6:30

 平日のシステムメンテナンス時間:火曜日〜金曜日午前6:30〜午前7:00

 電話受付時間:月曜日午前7:00〜土曜午前7:00


◆夏時間(米国サマータイム)3月第2日曜日〜11月第1日曜日

 取引時間:月曜日午前7:00〜翌日午前5:30、火曜日〜金曜日午前6:00〜翌日午前5:30

 平日のシステムメンテナンス時間:火曜日〜金曜日午前5:30〜午前6:00

 電話受付時間:月曜日午前7:00〜土曜午前6:00


上記は2011年11月16日時点の情報です。




外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ