トップへ > まずはここから!
FXの基礎!
> FX(為替)する上でかかる手数料の種類について解説

FX(為替)する上でかかる手数料の種類について解説

FX取引をする上でかかる手数料にはどういったものがあるのでしょうか。代普藷Iな手数料についてまとめてみました。

口座開設費用・口座維持費用(無料の場合が多い)

FX取引を行う際には、まず最初にFXの取引会社に口座を開設する必要があります。その際に、開設の事務手数料として口座開設費用がかかる場合があります。

また、資金を保管し、取引に使用する口座を維持するための経費として、口座維持費用が請求される場合もあります。

これらの費用については、現在ではかからない場合が多いので、FX会社を比較する際にはあまり注意する必要はないと思いますが、こうした費用があるかないかだけは確認しておいた方が良いと思います。

取引手数料(無料の場合が多い)

上記では口座開設費用や口座維持費用はかからないケースが多いと記載しました。ユーザーにとってはありがたいですが、それではFX会社は、口座開設に伴う事務手数料や口座の維持費用をどこから捻出しているのでしょうか

もちろん、ボランティアではなく私企業ですので、別の所から収益をあげ、そこから出している事になります。

その、「別の所」というのが取引にかかる費用、取引手数料になります。取引手数料には大きく分けて2つの種類があります。一つは取引それ自体にかかる費用として、毎回の取引毎に費用がかかるもの。(ただ、これは口座開設費用や口座維持費用途同じく、手数料無料としている所が多いので、基本的は手数料が無料の所を選んでおけば間違いはないと思います。)

もう一つは、費用や手数料という普曙サがふさわしいか分かりませんが、各通貨のスプレッドとして、円貨を外貨に、外貨を円貨にする際の差額(当然、外貨・外貨のパターンもあります。)です。

実質の手数料!スプレッド

こちらは売買する通貨によって変わってきます。つまり、FX会社の数×通貨の組み合わせ数の数だけ価格があると考えてもらえばよろしいかと思います。

それだけ、多いパターンを比較するのは相当手間のかかる事だと思いますので、ご自身が良く取引をされる通貨の組み合わせや、これから取引を行おうと考えている通貨のパターンのスプレッドを比較して、業者を選定されると良いかと思います。

これといった通貨の組み合わせがない方や、とりあえずFXをしてみたいと考えている方は主要な通貨である米ドル、ユーロ、豪ドルと円の通貨のスプレッドがどの程度かという所を比較すると良いかと思います。

特に米ドル円は一番ポピュラーな取引ですので、各社とも力をいれており、すぐ分かる所にスプレッドが記載されているので比較しやすいと思います。

注意点としては、比較されやすい通貨の組み合わせなので、キャンペーン期間のみのスプレッドが記されている場合もありますので、潤助ェご注意の上、ご自身でご判断ください。

そして、提示されているスプレッドは常に適用されるわけではないという点も覚えておいて下さい。相場の急変時、例えば指標の発表ェ想像以上であった場合や急な為替介入、テロなどの事件などが起こった際に相場は急変します。

その際、注文どおりのレートで取引が行なわれない場合があります。いくら、有利なレートを提示しているFX会社があっても、それが適用できなければ意味がありません。

そのため、FX会社のスプレッドを検討する際には注文どおり約定できるかどうかの「約定率」も検討して下さい

約定率については、自社の高い実績を全面に出している所もあれば、全然記述が見当たらない所もあります。当然、前者は約定率が高く、後者は自信がない=約定率が低いという事が分かります。

スプレッドの低さだけをアピールし、約定率について言及していないFXは要注意ですので、ネットの評価などを必ず調べるようにしてみて下さい。

システム利用料(任意でかかる費用)

口座関係や取引以外にかかる費用として、代普藷Iなものにはシステム利用料があります。(通常の取引で使われるシステムについてはまず無料で提供されると考えてよろしいかと思います。)

高機能ネツールや情報も無料で提供される事が多いのですが、FX会社によっては有料のコンテンツを提供している場合もあります。

有料のコンテンツの利用は任意ですので、FX取引にかかる費用とはいえないかもしれませんが、無料のお試し期間が終了してその後、有料期間が継続していたというようなこともありますので、ご自身の環境がずっと無料で使えるのかどうか、一度確認をなさった方が良いかもしれません。

スワップポイントがマイナスになっている場合

他にも、取引手数料で記載したスプレッドに近いかもしれませんが、各通貨の金利に相当する、スワップポイントもご自身のポジションによってはマイナスになっている場合もあります。スワップポイントとは金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を持っている際に得られる差額の事です。

年利1%の通貨を100万円分持っている場合、一年後に得られる利子は1万円ですが、金利が10%の場合は10万円となります。大まかに言ってしまえば、元の100万円を交換したのなら、金利の差額についても交換しようという仕組みです。

金利の高い通貨を売り、低い通貨を持っている場合はマイナスとなり、差額を支払う必要があります。

実際の簡単な例として、 日本円の金利が1%で豪ドルの金利が5%の場合 円を売って豪ドル買うと… 両通貨の金利差、4%がスワップポイントとなります。

日本円は世界的にもかなり低金利の通貨のため、日本円売りを行った場合にスワップポイントがマイナスになることはまずありませんが、前述した例の逆のパターン、豪ドルを売って円を買った場合はスワップポイントの結果も逆となりマイナスの4%になります。

円高続いてる状況で、いずれ円安の流れが来ると読み、円を売るポジションをとったものの一向に相場が動かないというような状況でも、スワップポイントがマイナスになっているせいで損してしまうことも考えられます。

また、為替の変動と同じく、金利も日々変動するものです。最近では、ユーロ圏の国の国債の金利が●%を超えたというようなニュースも良く出ます。

外国の金利は日本の銀行の金利のように、去年に比べて0.0×%変わったというような感覚とは違いますので、ご自身のポジションと各通貨間のスワップポイントも定期的にチェックしておく必要があります。

スワップポイントも考え方によっては「費用」といえるかもしれませんので、どこからか大事な資金が溶け出していないか今一度、ご確認をされてみてはいかがでしょうか。

(スワップポイントについてさらに詳細は、『FXのスワップ 金利とは??』こちらの記事も参考にしてみてください。)

入出金手数料

そして、最後に忘れてはならないのが、入出金にかかる手数料です。入出金手数料もFX自体にかかる手数料といえるかどうか微妙な所ではありますが、銀行などから入出金する際の手数料も注意が必要です。

オンライン決済では手数料無料の場合が多いですが、各社・各金融機関によっては変わってくるポイントではあるので、こちらも入出金ともに無料であるかどうかだけは確認しておいた方が無難です。

下記に有名FX会社の取引手数料の実際の例を記載します。

会社名 クイック入金 出金(日本円)
セントラル短資 無料 無料
マネックスFX 無料 月5回まで無料
上田ハーロー 無料 月5回まで無料
カカクコムFX 無料 1回 315円
(月1回までは
翌日キャッシュバック)
外為オンライン 無料 無料
マネーパートナーズ 無料 無料
外為ジャパン 無料 無料
ひまわり証券 無料 無料
サイバー
エージェントFX
無料 無料
IGマーケッツ証券 無料 5,000円未満の出金に
ついては、出金手数料315 円
FXブロードネット 無料 無料
GMOクリック証券FX 無料 無料
外為どっとコム 無料 無料
FXトレード
フィナンシャル
無料 (5万円未満本人負担)

※上記は2011年11月現在の内容であり、変更されている場合がありますので、入出金の際は必ず取引を行っているFX会社で手数料をご確認上、ご利用下さい。

オンラインのクイック入金の場合は無料の会社がほとんどですが、通常の窓口やATMから振り込む場合は振込み手数料がかかるので、お持ちの銀行口座でクイック入金が可能盾ゥどうか確かめておくことをおすすめいたします。また、出金についても日本円は無料、もしくは一定回数までは無料という所が大半です。

外貨での出金が可能会社もありますが、ほとんどの場合手数料がかかります。日本に在住の方で外貨で振込みを依頼される方はあまりいないと思いますので、外貨により出金の有無はそれほど気にしなくて良いと思います。

FXにで収益をあげるために、皆様色々と試行錯誤し努力されているかと思います。しかし、コストを減らすという考えは中々持ち辛い場合もあるので、今一度コストの面からFX会社を見つめなおしてはいかがでしょうか


外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ