トップへ > 実践向き質問集 > FXの資本金別おすすめのトレード法(資金50万円以下の初心者さん必見!)

FXの資本金別おすすめのトレード法(資金50万円以下の初心者さん必見!)

FXは少額からでも投資ができますが、元手となる資金ごとに投資手法も変わってきます。

例えば、金利差であるスワップポイントで収益を積み上げようとするのであれば、元手となる資金が多くないとうまくいきません。

レバレッジをかけて多くのスワップポイントを得ることも不可能ではありませんが、少額で大きなレバレッジをかけた場合は、少しの価格の変動ですぐに元手が底をついてしまう可能性が大きく、安定的に収益を得ることができません。つまり、スワップポイントで収益を得ようとするのであれば、ある程度の元手が必要となります。

このように、FXの資本金によって適した投資手法や逆に適さない投資手法があります。以下に資本金を大きく3つに分けて、それぞれの資本金に適した投資手法をご紹介いたします。

少ない資金(10万程度)は短期で利益を積み上げる

まず最初に、手元の資金があまり多くない10万程度の場合に適した手法をご紹介いします。

資金が多くない場合はあまり長期的な目でトレードを行うことができません。なぜなら、すぐに損切りをしていかないと、あっという間に資金がなくなってしまうからです。

もちろんレバレッジを抑えれば、ロスカットのリスクを少なくすることもできます。しかし、元手が少ないと利益も極端に少なくなってしまいますので、少額の場合はある程度のレバレッジをかけて積極的にリスクをとっていく必要があります。

つまり、資金が少ない場合はレバレッジをやや高めにして、短期的に取引を行い、利益を積み上げていく手法が適しているのです。

短期での取引としては「デイトレード」という手法が有名です。

一日のうちに何回もトレードを行うことで利益を上げる手法です。資金が少ない場合は前述したようにすぐに資金がなくなってしまう可能性があるため、常に相場をチェックする必要があります。

また、利益が出ている時も確保していかないと、すぐにマイナスになってしまうこともあるので同様に小まめに取引をしなければなりません。

通貨としては、ドルやユーロなどの市場の取引量が多い通貨が適しています。これらの通貨は大きく変動することが小さく、小幅で振れていので短期売買に適しています。

一方、南アフリカランドやブラジルレアルなどの新興国通貨は為替変動が大きく、すぐに大幅なマイナスになってしまう可能性が高いので、短期取引には向いていません

また、新興国通貨のスプレッドはドルやユーロと比較すると少し高いので、コストという面でも短期売買ではドルやユーロといった先進国通貨の方が適しています。

短期売買は取引を行う回数が多くなるので、スプレッドの差が後々大きく影響してきます。

中程度の資金の場合(30万程度)で可能な投資手法

資金が30万円程度あれば、上記の短期取引以外の手法でも利益を出すことができます。

資金が少額の場合は利益を出すために積極的にリスクをとる必要がありました。また、大きな損失に耐えられる資金がないため、短期的に取引しなくてはなりません。

しかし、資金が30万円程度ある場合は、積極的にリスクをとりにいかなくても資金がそれなりにあるため、利益を出すことができます。

損失についても、レバレッジを抑え目にしておけばすぐになくなることはありません。そのため、資金が30万円程度の場合は中期的なサイクルでの投資手法が適しています。

短期的な売買ではその日毎の出来事に注目していく必要がありますが、中期的なトレードの場合は為替の流れを読んだ取引が必要となってきます。

時間間隔としては、長い目で見るなら1週間ほど見ても良いとは思います。しかし、1週間何もしないと大きく動いていしまう可能性もあるので、動く動かないは別として、日毎に為替レートの確認はした方がよいでしょう。

逆に小刻みにポジションを動かしてしまうと手数料の分損をしてしまうことがあります。そのため、多少の上下ではなるべくポジションを動かさない方が良いでしょう。

通貨としてはドルやユーロ以外にも豪ドルやニュージーランドドルに手を出しても良いと思います。豪ドルやニュージーランドドルは先進国通貨よりも高いスワップポイントを得ることができます。

その一方、新興国通貨よりも為替変動は小さいので、レバレッジを抑えて中期的にトレードするには向いている通貨といえます。

資金が50万円以上ある場合は長期のポジションを

資金に余裕がある場合は長期的な視点での投資が可能となります。なぜなら、多少の為替変動でロスカットされることが少ないからです。

長期的な視点で利益を得る手法として考えられるのがスワップポイントによる収益です。為替の変動によってはマイナスになってしまう可能性もありますが、大幅に動かなければスワップポイントによる収益でプラスにすることができます。

期間としては数ヶ月、場合によっては年単位でポジションを持つと良いでしょう。突然相場が大きく動くこともあるので、投資している通貨の動向には常にチェックを行い、リスクが出てきたと思ったらポジションを解消するなどのメンテナンスは必要です。

通貨はスワップポイントが大きい、南アフリカランドやブラジルレアルなどの新興国通貨がおすすめです。為替変動のリスクは他の通貨に比べ大きいですが、同じくスワップポイントも大きいので、十分プラスにすることができます。

逆に、米ドルやユーロはだいぶ金利が下がってきているため、ポジションを動かさない取引ではあまりメリットがありません。

新興国通貨に投資をする際には、スワップポイントの収入でどの程度のマイナスが許容することができるか事前に計算しておくことをおすすめします。

あらかじめ計算をしておけば、収益がマイナスになる前にポジションを解消することができます。

こちら『FXの資金は大体いくらから??』の記事もよろしければご覧下さい。


外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ