トップへ > 実践向き質問集 > FXでMACD以外の参考になるテクニカルはありますか??

FXでMACD以外の参考になるテクニカルはありますか??

テクニカル分析とは、全ての取引価格を記録したグラフ、いわゆるチャートを見て、これから価格がどう動くかを浴書ェすることです。テクニカル分析が有効であるとされているのは、チャートの動きには一定のパターンや法則性があると言われているからです。

そこで、トレードを行う時は、テクニカルを使って売買のタイミングを図ります。
ここでは、MACD以外で、私も愛用しているテクニカルをいくつか紹介していきたいと思います。


ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドとは、標準偏差(シグマ)を使って、「売られすぎ」や「買われすぎ」を知るテクニカルです。平均値+2シグマから−2シグマの間で価格が動く確率は、約95%と言われています。


なので、価格の動く幅を知ることが出来ます。
また、この考え方からいくと、価格が+2シグマに達したら売りのポイントで、反対に価格がー2シグマに達したら買いのポイントということになります。


しかし、価格の勢いがある時は、バンドを突き抜けて上昇、下降することがあり、いわゆるトレンドの時です。トレンドが発生した場合には上記の方法は有効ではありません。


つまり、相場がレンジの状態(価格が一定の幅で動いている)であることを確認してから、上記のポイントbメって、逆張りで売買する方法が一番有効と思われます。


一目均衡普/h3>
a初期に、一目山人氏(ペンネーム)により考案された、日本を代表するテクニカル指標です。この指標は、ぱっと見て、とても解かりやすい「雲」がひとつの特徴と言えます。


基本的には、価格が雲の上にある場合は「上昇トレンド」を作っている、と判断し、価格が雲の下にある場合は「下降トレンド」と判断します。


また、価格が雲の中に入っている場合は、上がるか下がるかわからない状態で、トレンドを探っている状態と言えます。


ちなみに、雲は価格が反発するポイントとなり、雲の厚さが厚いほど抵抗する力が強いとされています。売買ポイントの1つとして、価格が雲を上抜ければ「買い」で、価格が雲を下抜ければ「売り」といえます。


RSI


RSIは、オシレーター系の中でも有名な指標のひとつで、基本的に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断して売買します。


売買ポイントとしては、RSIが20%〜30%で「売られすぎ」と判断し「買い」を、70%〜80%で「買われすぎ」と判断して「売り」を仕掛けていきます。


しかし、注意点としては上昇トレンドの相場の場合、ずっと「買われすぎ」の値のままであったり、逆に下降トレンドの時は「売られすぎ」の値に留まっている事もあります。なので、ボリンジャーバンドと同様、レンジ相場の時に使用すると勝率が高まると言えます。


また、RSIの心強い武器として「ダイバージェンス」という現象があります。普通、価格が上がっていけばRSIの値も上がっていき、価格が下がればRSIの値も下げていきます。


しかし時に、価格は上がっているのにRSIは下げており、また価格が下げているのにRSIは上げていることがあります。
この現象を「ダイバージェンス」と言い、「逆行現象」とも言います。トレンドをおこしている時にこのサインが出ると、トレンドが終わり、相場が転換する可能性があります。


しかし注意して頂きたいのは、この「ダイバージェンス」が出れば必ず相場が転換する、という訳ではないということです。
なので新しい売買サインとしてではなく、ポジションをもっていれば利益確定を行う心の準備をする、ということです。


よく、「売買のサインとして使う」という情報を目にしますが、きちんとした書籍などでは上記の事がはっきりと書かれていますので、是非覚えておいて下さい。


以上、3つテクニカル指標をご紹介しましたが、1つだけのテクニカルに頼るのではなく、いくつかを組み合わせて総合的に判断するべきだと思います。


というのも、テクニカルには必ず「ダマシ」があります。なので、自分で相場の状態を把握した上で、いくつかのテクニカルを合わせて使って判断し、「ダマシ」を減らすことが必要となります。


次に、トレードをしていく上で、チャート機能ネどが充実している業者を2つご紹介したいと思います。


フォーランドフォレックス


フォーランドフォレックスは、プロ使用の「DVR分析チャート」という高機能フチャートを提供しています。


特徴としては、全35種類もの分析手法に対応した「分析チャート」と、最大5通貨ペアの変動を見れる「比較チャート」をダブル搭載しています。


これはとても便利で、トレードをする時は色々な通貨の動きが関わってきますし、また「今、一番稼ぎやすい通貨はどれか?」も一目瞭然でわかります。


また、特徴的なのは、日経平均、NYダウ、WTI原油、ロンドン金などの株式市場や金融市場もなども重ねて普庶ヲできることです。これは他の業者にはない、かなり画期的な機能セと思います。


⇒ フォーランドオンラインのさらに詳しい口コミ・情報はこちら
⇒ フォーランドオンラインの最新キャンペーンを今すぐチェック


ひまわり証券


ひまわり証券のチャート「ひまわりFXPRO」は、43種類以上のテクニカル指標が充実しており、トレーダーの間でも評判が高いようです。


また、特徴的なのは「エコトレFX」で、これは自動売買になります。
つまり、搭載されている売買システムから自分が気に入ったものを選び、簡単、無料で自動売買が出来るというものです。


売買システムは、過去の損益、勝率などのデーターが公開されているので、今の相場に合ったシステムを自分で自由に選べます。しかも、発注などはすべてサーバー上で行われるので、特別なメ純tトや専用パメ純Rンも必要ありません。FXで稼ぐために、このような機能pしていくのも、ひとつの方法かもしれません。


以上、二つの業者をご紹介しましたが、ご自分のトレードレベルやスタイルに合わせて、自分が使いやすい業者を選ぶことが大切です。


そのためには、まず口座開設をして、色々な業者のチャート機能ネどを見てみたり、デモ口座で取引を体験されるのがよいと思います。


どちらにしても、FXで稼ぎ続けるためには、「テクニカルに頼る」「自動売買に頼る」のではなく、あくまでもそれらは「よきパートナー」として捉えるべきです。


何より大切なことは、トレードで損失をだした時、「なぜ負けてしまうのか」を検証し、自分で考えて、経験を積んでいくことです。FXが、みなさんの人生の「素晴らしいパートナー」となりますよう、心から願っています。



外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ