トップへ > トップページに表示する > 【マネーパートナーズ】利用者の評判からメリットデメリットを検証!

【マネーパートナーズ】利用者の評判からメリットデメリットを検証!

FX専業としては初めて株式上場を果たしたマネーパートナーズ。実際に利用しているトレーダーの評判はどのようなものでしょうか?そこで、利用者の評判をもとに、マネーパートナーズのメリットとデメリットを挙げてみました。


【メリット】
  ・業界最高水準の約定力
  ・業界最安に迫るスプレッド
  
【デメリット】
  ・指標発普庶桙フスプレッド
  ・デモ口座サービスがない
  ・安めのスワップポイント


◎業界最高水準の約定力


マネーパートナーズは、自ら約定率100%、スリッページなし、約定拒否0をうたっていますが、これにはしっかりとした根拠があるのです。


矢野経済研究所という調査機関が毎年、FX主要15社におけるサービスパフォーマンスについてテストを実施しているのですが、マネーパートナーズはそのテストにおいて、スリッページ発生率0%、約定率100%という結果を3年連続で出し続けています。


因みに、この矢野経済研究所という会社は市場調査を主に行い、長年各産業分野で様々な視点から調査・分析を行っています。市場調査において実績が豊富で且つ評価の高い会社ですから、このテスト結果は非常に説得力がありますね。


口コミでも、「約定率は良い。拒否られることはない。」など、約定率に関しては良い声が多いようです。


また、2011年10月31日の市場介入時においても...


・当局市場介入時も、しっかり約定。
・短時間で数万円の利益を得ることができました。
・いざという時に全く約定できないFX業者も少なくないので、マネパは凄い。


などの声が多く、市場介入時にもしっかり約定できたユーザーが多かったことが伺えますね。


マネーパートナーズは、第三者機関からだけでなく、実際に利用するトレーダーからも約定力を認められているようですね。


◎業界最安に迫るスプレッド


マネーパートナーズのスプレッドは、最近、業界最安に迫る最狭水準のスプレッドになってきていると話題です。今まではどちらかというと「広いスプレッド」がデメリットに挙げられていましたが、最近は変わりつつあります。


約定力が強いとその分スプレッドが広い、というのが一般的な定義です。例えば、今現在の業界最安スプレッド(米ドル/円)はDMM FXとFXトレーディングシステムズの0.5銭〜ですが、マネーパートナーズの公式発表ヘ0.9〜1.2銭です。比較すると「やっぱりマネーパートナーズのスプレッドは広いなあ・・・」と感じるかもしれませんね。


しかし、実際に提供されているスプレッドはもっと狭いようなのです。利用者の体験談を聞くと、「今は、大部分の時間は0.7銭で提示されている」とのこと。業界最安が0.5銭、マネーパートナーズが0.7銭だとしたら、ほとんど差がなくなってきたと言えるでしょう。


また、約定力に関して定評のあるFXプライムと比較してみましょう。FXプライムのスプレッドは1〜2銭となっていますので、約定力が高いと言われるFXプライムと比較しても、マネーパートナーズの強みが引き立っているのがおわかりかと思います。


×指標発普庶桙フスプレッドの広さがネック


為替レートが非常に激しく動き、各業者のスプレッドが広がる傾向にある指標発普庶栫B口コミを見るかぎり、指標発普庶桙フスプレッドに関してはあまり評判が良くないようです。指標発普庶桙フスプレッドの広さがマネーパートナーズのデメリットですね。


「指標発普庶桙_ってスキャルピングしている人にはこの業者は向かない」というような声が多数見られます。指標発普庶桙ヘレートが大きく動く=稼ぐチャンス、というのが一部のトレーダーの見方です。ですから、稼ぐチャンスにスプレッドが広すぎるのはある意味デメリットなわけです。


約定力の高さが逆にデメリットとなってしまっているマネーパートナーズですが、レート変動が激しい時にも約定力を保つためには、多少スプレッドが広がってしまうのも無理ないと言えるのではないでしょうか。


×初心者必須のデモ口座サービスがない


FX初心者がいきなりリアルマネーで取引するのは無謀でしょう。そこで重要となってくるのが、リアルマネーでの取引前にデモ口座で取引の練習をすることです。


FX各社は、たいていどこも無料で開設できるデモ口座を提供しています。取引において、仮想マネーとは言えリアルタイムの取引ができるデモ口座です。FX初心者には嬉しい練習の場となるのですが、マネーパートナーズにはそのサービスがないのです。


また、デモ口座は練習の場となるだけでなく、その業者の取引ツールがどのようなものかを知るのに良いツールです


ただ、デモ口座がないかわりに、100通貨単位で取引できるFX nanoという業界唯一のサービスがありますので、FX初心者でもリスクを抑えたトレードが可能になっています。


×長期運用にはむかない低スワップポイント


FX取引の魅力の一つは、スワップポイントです。毎日ポイントが付与されるますので、ポジションを長期保有することによってどんどん貯まっていきます。長期運用派の大部分は、このスワップポイントが取引目的なのですが、低スワップポイントという点がマネーパートナーズの大きな弱点でしょう。


FX各社が提供するスワップポイントには差がありますが、マネーパートナーズが提供するスワップポイントを他社のものと比較すると、かなり低いことがお分かりいただけると思います。


例えば、高いスワップポイントを提供していることで有名なサイバーエージェントFXと比較してみましょう。長期運用で人気の高い豪ドルのスワップポイントはいくらでしょうか。


買いポジションを建てた場合、今現在サイバーエージェントFXでは1万通貨ごとに毎日98円付与されます。一方、マネーパートナーズでは77円と設定されています。なんと21円もの差があるのです。


1カ月保有した場合、サイバーエージェントFXとマネーパートナーズでは630円もの差が出てしまいます。明らかに長期運用向きでないことがわかりますね。


⇒ マネーパートナーズの最新キャンペーンを今すぐチェック
⇒ マネーパートナーズのさらに詳しい口コミ・情報はこちら



外為オンライン


フォーランドオンライン


マネーパートナーズ